fSvjXcAa9J3OA
Home > 釜山の街角今昔 > 釜山府本町 > 3丁目
Home > 街角の風景 > 釜山広域市中区 > 東光洞 > 3街

漢城銀行釜山支店
青磁(バー)

 
漢城銀行釜山支店

漢城銀行は明治36年にできた古い銀行です。
最初の名前は公立漢城銀行で、明治38年株式会社になりました。

日韓併合の時 寺内総督が朝鮮貴族階級に与えた公債を
新株払込みに当てる事で増資し、貴族階級の財産保護
の目的で大きくしました。

大正6年に増資し時、これまで朝鮮人だけが株主だった
制限を撤廃し、内鮮共通としました。

大正12年に宮内省も漢城銀行の株を持つことになり
ハクをつけることになったのです。

旧住所は釜山府本町3丁目11
当時の釜山支店長:美濃部道達
釜山営業家要覧:14頁:昭和3年発行より
朝興銀行

昭和になって建替えられた漢城銀行釜山支店の
建物は昭和18年(1943)に合併で朝興銀行になり
朝興銀行釜山市店と改称になります。

1952年2月  元安田銀行釜山市店だった建物に
移転してそこが朝興銀行釜山市店になりました。

当時の建物は現在も残っていて利用されています。
もちろん銀行ではなく普通の店舗です。
朝興銀行

丸いカーブのデザインで角に玄関のある昭和初期
当時の建物の流行の特徴が見えます。

現住所:釜山広域市中區東光洞3街11

(2009/10撮影)
朝興銀行

玄関の拡大です。

ハングルで屋号が「青磁」と記されています。
昼間は閉まっている様子で、夜間のみ飲屋が
営業している様子です。

(2009/10撮影)
朝興銀行

側面です。
坂なので後ろは階下部分になっています。

坂になっているのは明治の埋立前は すぐ後が
海岸だったからです。

昔の海岸線の散歩

(2009/10撮影)


Home . 釜山の基本情報 . 人物 . 歴史 . 乗り物 . 交通史 . 名所・旧跡 . 釜山の街角風景 . 街角風景2
. 釜山の街角今昔 . 街角今昔2 . 食べた物 . 昔の生活と文化 . 釜山近代史年表 . 近代史年号一覧