龍頭山公園 釜山 韓国 fSvjXcAa9J3OA
Home > 名所旧跡 > 公園
Home > 釜山の街角風景 > 釜山広域市中区 >  光復洞 > 2街

龍頭山公園

龍頭山公園

釜山の市街地の中央にある龍頭山公園は釜山
市民の 憩いの場です。

小高い丘で見晴らしが良く、木々が多いので
気持ちの良い場所です。

登るには光復路からエスカレーターで登るのが
一般的ですが 写真のように並木を抜けて
上がる 大廳路からの 緩やかな坂が好きです。

途中に美花堂百貨店が営業中に屋上と龍頭山
公園を結んで架けられた「愛の橋(サランエダリ)
という名の橋がありました。
(2007年末ごろ撤去された様子)
山鳩が木近くの木にとまってたので撮りました。


龍頭山公園 龍頭山公園

龍頭山公園

横断歩道の印はエスカレターから
釜山タワーに向う階段に繋がって
います。

階段の右横にはこの一帯が日本人居留地
だったという案内図があります。

(2007/02撮影)
龍頭山公園

案内図の拡大です。

龍頭山神社は江戸時代の延寶年間(350年前)に
對馬の領主宗義眞が航海の安全を祈願して
金毘羅大神を奉祀した神社から始まります。

後明和元年に住吉大神、慶應元年は天照大神を
合祀 明治13年に八幡大神、明治29年に弘國大神、
明治33年に神功皇后、豊國大神まで合祀されました。

敗戦で日本人は総帰国することなり神社は神を 天にお返しする昇神式を行い、宝物は釜山湾の
海中にすべて沈め 建物は解体、焼却され神社は消えました。

龍頭山公園 朝鮮戦争が始まると各地から避難民が釜山に
集まり、ここはバラックが並びました

1954年の龍頭山大火事で バラックはすべてが
焼け、 翌年 整備されて「雩南公園」として開園。

中央には韓国の英雄「李舜臣」の像が立ちました。
展望台の釜山タワーも建てられました。

社殿前の広場は釜山市民の行事などで使われ
毎週土曜日は 韓国の伝統舞踊などの公演が
ここで 開かれているようです。
龍頭山公園

鳩がたくさん集まり 子供たちや老人が餌を
撒くたびに 奪いあいをしていました。
龍頭山公園

韓国式の地面すれすれに吊り下げられた特色ある
鐘楼は存在する意味はが分かりませんが どこか
有名なお寺の鐘の複製で観光施設なのでしょう。

地方から観光バスで釜山観光に来る人向けの
サービスと思います。
龍頭山公園

李舜臣と釜山タワーを並べて撮ってみました。

李舜臣は豊臣秀吉の軍を撃退した水軍の師として
尊敬されています。

ここに立てたのは 日本を睨んで護国精神を
表現しているようです。
龍頭山公園

展望台にひさしぶりに上がってみました。

10年くらい前は撮影禁止という張り紙が
いっぱいあって 興味をそがれたのです。

今回 案内のエレベーター嬢に写真の事を
尋ねたらかまわないですよと 答が返り、
展望台にも 撮影禁止の張り紙はありません
でした。
龍頭山公園

撮影が許されるなら前後左右、四方八方を遠慮なく
10数枚撮りました。

これは 真下を見たところです。
龍頭山公園

国際埠頭ターミナルを眺めると広島航路の
「銀河」が 到着することでした。
龍頭山公園

降りるときは 木立の中の階段が好きです。

途中 山椿の花が散って一面ピンクになっていました。
龍頭山公園

普通は光復路から上りのエスカレーターが
あるので これの利用者が多いようです。

(2009/04撮影)
龍頭山公園

早朝の営業前に撮った看板です。
エスカレーターの稼働時間です。

6月-9月 平日    10:30-19:00
     土日公休 10:30-20:00
10月-5月 平日    10:30-18:00
     土日公休 10:30-18:00
エスカレーターは中央にあって両側に階段が
あります。
階段は24時間使うことができます。

(2007/07撮影)
龍頭山公園

エスカレータはいくつもあって途中の踊り場で
乗り換えをします。

中間付近で入口方向を撮りました。

(2009/05撮影)


Home . 釜山旅行の基本情報 . 人物 . 歴史 . 乗り物 . 交通史 . 名所・旧跡 . 釜山の街角風景
. 釜山の街角今昔 . 街角今昔2 . 食べた物 . 昔の生活と文化 . 釜山近代史年表